司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

ビンゴゲームの司会 補足

ブログ「司会のウラワザ」に、検索キーワード<ビンゴゲーム>で訪問して下さる方の数は、10月に入って今日までで、103件となりました。
これから年末年始に向けて、会社や地域でイベントや宴会が多くなるからでしょうか?プロ司会を頼むほどでもないという事で、司会を任され、とまどう方が多いと推察します。

前回の補足です。

*BGMが重要です。ビンゴゲームはテンポ良く進めなければなりません。テンポのある、リズミカルなBGMを選び、ほんの少し大きめに流します。

*リーチの人には、着席パーティーの場合は、その場で起立、立食の場合はできれば前に出てきてもらいます。
その場合景品を渡す場所とは対照的な位置、つまり、ステージの左側に景品台があり、そこで景品を渡すとしたら、リーチの人はステージ右側に集まってもらいます。

ビンゴの方には、ステージ向かって右側からステージの上を通って左側に有る景品をもらいに行ってもらいます。
その時司会者はステージ上にいて、「おめでとう、良かったね」と握手したりして、景品台の方へ手(あちらへどうぞ・・とジェスチャー)で案内します。

時折り誰かつかまえて一言もらったりします。もちろん特賞や1等賞は名前や感想を聞きます。
景品台の前にリーチの人が大勢集まると、ビンゴの人が目立たず、なんだかその周辺だけ、ごちゃごちゃしてしまってスッキリしません。
ステージを中心に、スペースを大きく使うのがコツです。

*進行に変化をつけるには、そのパーティーに参加しているお偉方や、仲間の人気者達に、フランクに声をかけ、「〇〇社長、もうそろそろリーチですか?」「〇〇君、調子はいかが?」なんていう感じで、できるだけ会場のあちらこちらの人にふってみるのもいいと思います。
ただシャイな人や、ちょい嫌われ者にはふると、雰囲気がちょっとダウンしてしまうかも(笑い)。

*やはりポイントは、後半へ行くほど、スピードアップです。
ビンゴの全体の時間は<あっという間だった>というくらいの気持で進めることだと思います。

自分も楽しむ事、あとは場数です。皆様のご検討を祈ります。
[PR]
by qqbh8530 | 2008-10-27 06:39 | 司会

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530