司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

司会のウラワザ・・シンプル イズ ザ ベスト

d0054785_16453084.jpgシンプル イズ ザ ベスト ・・・私の所属するJTプロダクションのボス、鶴賀二郎氏が提唱するキーワードです。氏は司会業界の羅針盤、常に「時の人」としてご活躍なされている方で、私の尊敬する方でもあります。

氏の書いた「宴と縁」の中にこんな1節があリます。(仲澤の解釈に沿って要旨を記す)
「披露宴は、120パーセント形式である。一つが終われば、次に何が始まるのか、出席者は先刻ご承知である。それなのに、ことさら人々の歓心を買おうとして、形容詞過多の、厚化粧した表現で言葉を並べ立てても、聞く人の心に通わない。それどころか押し付けがましく、不快感さえ与える。
逆に分かりきった言葉で、自然な語り口で、簡潔に話す。言葉は贅肉をそいでいくことで深みを増す。言葉は多様性を持っている。決まったせりふを形式を踏んで話しても、語る人が実感した心を表現すれば、お客を心地良くさせることができる。司会者は百万言並べ立てるトーキングマシーンではない。
プロ司会者イコール饒舌ではなく、少ない言葉の行間に、どれだけの思いを埋め込めるかが、シンプルイズザベストの意図する所である。」

プロ司会者は、自身の感性よって選びぬかれた一言に、その時々の実感をそえてしゃべっているわけです。特に最初のセレモニー部分では、とても大切なセンス・・シンプルイズザベストなのです。

ですから、やはり初心者はあまりしゃべってはいかんのです。しゃべればしゃべるほどボロが出ます。
どうぞ安心して、たったの一言に、ぜひこだわって下さい。そしてそのたった一言に、あなたの心を注いで下さい。

開宴の辞は…たくさんしゃべってはいけません。
「只今より、春野・秋野ご両家の結婚披露宴を開宴致します」・・・たったこれだけでいいのです。
シンプル イズ ザ ベスト が、ベストなのです。
[PR]
by qqbh8530 | 2005-06-07 13:35 | 司会

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530