司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

司会資料作り

先日の披露宴の司会資料は全部で10枚ほどでした。
10枚あると、必要な資料を瞬時で探り当てて引っ張り出し、それを見ながらすぐにコメントするのは結構大変です。

そこで私がいつもやっているのは次の通りです。
・資料には、項目別にかなり大きめに、見出しやタイトルをつけておく
・進行順に、資料の通し番号を資料の上下2箇所の空いたスペースに、大きくふっておく

これだけで随分スムーズになりますが、先日実際に披露宴の司会をしてみて、見出しやタイトルが同じ色だと、識別しにくく、ワンテンポ取出しが遅れることに気が付きました。

そこで次回から資料が多い時は、項目タイトル別に色分けしようと思います。
*赤・青・緑・黒 等、割合濃い色で色分けして、タイトル名を大きく記入する
*その色と同じ色の大きなクリップで資料分けしておく

とりわけ資料分けは、色で分けると便利です。

司会歴は長くとも、必要な時に瞬時に新郎新婦の名前が出てこないことが良くあります。そこで今では、新郎の名前はブルーのサインペンで、新婦の名前は赤のサインペンで、資料の1番上の空いたスペースにはっきり分りやすく書き込んでいます。
どの資料をめくっても新郎新婦の名前が大きく色分けして書いてありますので、間違う事もありません。
司会の先輩は、新郎新婦の名前を書き込んで△ケースに入れ、レクチャー台の上に置いていました。

司会者、人それぞれに工夫があるのですね。皆さんのちょっとした工夫もおおいにこのスペースで分かち合いたいと思います。
司会に関するより良い考え方や情報や工夫を、大いに公開し分かち合い、素晴らしい司会者がたくさん増えることが、結局は司会者の地位向上、そして司会料アップに繋がると思っています。
[PR]
by qqbh8530 | 2008-09-02 10:34 | 司会

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530