司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

かみひとえ

d0054785_15515036.jpg3ヶ月前のこと、200名を超える一周忌ご法要の司会をする機会がありました。

前日、主催者から「G先生が、当日列席する議員の紹介も含めて、ご挨拶下さるようです。そのことも、ちょっと司会者さんよりご紹介下さい」と、メールが入る。

当日秘書の方にお願いし、G先生に確認を取る。秘書官いわく『先生、司会の方が、先生の(列席議員の紹介)について、前もって紹介してもいいかどうかを尋ねてこられましたが・・・?』

『そうか、よろしく頼む』と先生。秘書官は私に『OKだそうです。お願いします』と言う。

私の確認したかったのは、司会者の「それではここで、G先生より、追悼のお言葉頂戴したいと存じます。」と紹介するところを、主催者の意向にそって、「G先生より、 本日ご出席議員のご紹介も含めて、追悼のお言葉頂戴したいと存じます。 」と、言い換えても(紹介しても)いいかどうか?ということを確認をしたかったのです。(時折、当事者に確認すると、そんなこと、つまりここでは、列席議員の紹介のことなんか聞いてないぞ・・というケースが多々あるのです)

先生からOKは取ったものの、私はなにか腑に落ちないものを感じました。先生は、もしかしたら(司会の私が、出席議員の紹介をすると、勘違いなされているのではないか・・・。)という疑問です。

再確認するかどうか、迷いました。そして迷いながらも、先生に、こうお伺いしました。
『先生、先程のことなのですが、こんな感じで、ご紹介しようと思っているのですが・・。
「G先生より、本日ご出席頂いている市議会議員の先生方のご紹介も含めて、追悼のお言葉頂戴したいと存じます。」いかがでしょうか?』
G先生いわく『なんだ、君が出席議員の紹介をするんじゃないのか・・・、俺がやるのか・・・、よしわかった。』

背筋が凍る思い・・・ってこんな感じなのだろうか・・・、再確認してよかった・・・と、強く強く思いました。

迷いながらも、再確認したことで、事なきことを得た、大事に至らなかったと、ホット胸をなでおろしています。この時のことは、今でも鮮明に覚えています。

勇気を出して、先生に再確認しなかったら、とんでもないことになるところでした。まさに紙一重の経験です。
私はこの経験から、『迷う時ほど確認せよ』と、自分自身に何度も言い聞かせているところです。
[PR]
by qqbh8530 | 2005-06-30 01:21 | コミュニケーション

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530