司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

人間学を学ぶ月刊誌 「致知(ちち)」

兄からの紹介で、人間学を学ぶ月刊誌 致知(ちち)を愛読しています。
元気が出ない時、道に迷う時、悩んでいる時によく手に取ります。私にとっては、なかなかいい「無言のカウンセラー」です。

先日も、自身の今後が視界不明瞭、元気をなくしている時、たまたま手にした致知(ちち)4月号の記事に、救われました。

語学教育分野の営業で、世界第2位の実績を挙げた和田裕美さんと、人気作家の浅見帆帆子さんの対談『人生は少しの気づきで好転できる』の記事が載っていました。

和田さんの言葉・・『「ワクワクする」というのは、仕事でも人生でも私の中でとても重要なこと。結局ワクワクという気持ちというのは、未来を信じるパワーだと思うんです。そういう心の状態になると、未来を信じた行動を選択するようになって、服も変わるし、メイクも変わるし、話し方も変わるし、すべての言動が明るい方へ変わっていきます』

浅見さんの言葉・・『ワクワクして生きている人とびくびくして生きる人とでは、5分後から全然違う未来になっていきますね。
また、私は、自分の心の状態や考え方にはすべての波動があって、それと同じレベルのものを引き寄せると思っているんですね。だから「嬉しい、楽しい」という波動で生きていると、それにぴったりの人なり出来事が引き寄せられて、結果的に夢も叶いやすくなるし、いい人にもめぐりやすくなるんです』

上記を読んで、私は少し元気になり、「私のワクワク探し」も始まりました。


さて、この対談を読んで、私が1番パワーを頂いたのは、浅見さんがお母さんから言われた『いま、目の前にあることを一生懸命やると、道は必ずつながるから、心配することはない』という言葉でした。

私の経験則でも、その真実を実際に体感しています。忘れかけていたものを取り戻したような気がしています。

今、目の前にある、やるべきことを一生懸命にやる・・・。

そのことによってのみ、おのずと新しい道につながっていくにちがいありません。

月刊誌 致知(ちち)は書店では購入できません。
詳細はこちら http://www.chichi.co.jp/

以上、今回の記事は、青春真っ只中の、披露宴司会を始めたばかりの方々に向けて書きました。少しのヒントとなれば嬉しいです。
[PR]
by qqbh8530 | 2010-03-11 12:43 | よりよい人生の為に

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530