司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

掃除に学ぶ会に参加して

司会の仕事も慣れてくると、時にヤル気が出ないこともあります。
自分をリセットしたい・・
神経を使う仕事だからこそ、そういう方もきっと多いことと思います。
少しでも参考になれば・・と思いアップしてみました。


私ごとで恐縮ですが、先日<山梨掃除に学ぶ会>というのに参加し、小学校のトイレ掃除をしてきました。
非常に気付きと学びの多い会でした。
トイレ掃除は、自分をリセットできる可能性 があります。ご興味がありましたら、しばしお付き合い下さい。

掃除実習の前日、講演会がありました。講師の鍵山秀三郎氏(カー用品 イエローハット相談役)のお話の中から、心に留まったものを抜粋してみます。

・(ごみを)一つ拾えば、一つだけきれいになる。
・すべては一人から始まる。まずは自分の家庭から。
・掃除をすることで、人間も環境も、本来持っている良さや美しさを取り戻していく。
・掃除を通して、謙虚な心、感謝の心が生まれ、心が自然と磨かれていく。
・人の嫌がるトイレを磨き、綺麗にすると、心も自然に美しくなる。
・トイレを掃除すると、小さなことでも感謝できる感性が身につく。
・掃除は人生を豊かにする。いい変化や気付きを生み出す。他者との良いつながりができる。
・環境が美しくなれば、人の心は穏やかになる。
・食べなければおなかがすく。同じように、頭にも心にも栄養を与えないと、おなかと同じように空腹状態にな る。
・頭と心の栄養は、良い本との出会い、良い人と交わり、良い行いをすること。
・おなかにはもちろんのこと、頭にも心にも、いつも良質な栄養を取るようにしたい。
・損得勘定ばかりしていると、心が乱れ、心が汚れ、心が醜くなる。
・損も得も何もない、自分から求めて、掃除道に参加する心。
・掃除に学ぶ会は、真っ白な利害も損得も何もないお付き合い。
・他者と一緒に生きることは、我慢の連続である。
・私自身(鍵山氏)が生まれた時よりも、良い世の中にして死にたい。私には、良い行いや良い考えを、未来につないでいく義務があると思っている。
・あなたの仕事は?と聞かれたら、医者ですとか警察官ですとか教員ですとかと職業分類で答えるのではなく、その職業の中での自分の使命を語ろう。医者であれば、「人の尊い命を守る仕事をしています・・」と答え よう。自身の使命をしっかり自覚しよう。
・ごみ一つでも拾う。一つ拾えば一つだけ綺麗になる。目で見るものに、心が似てくる。
・ごみばかり見ていると心の中まで、ごみばかりになってしまう。
・国土を綺麗にし、助け合って生きる。
・一生懸命は美しい~それは順番がないから、位がないから、みんなが同じだから。
・喜ぶものは皆美しい。
・汚いところほどきれいにしなさい(鍵山氏母の言葉?)
・汚れを課題と捉え、道具を使って解決していくプロセスを「掃除」という。
・やればやるほど、見えなかったものが見えてくるトイレ掃除。
・あきらめない、やり続ける、できるまでやる!
・ごみが落ちていると、神様が自分を試している・・と考える西武の菊池雄星投手
・トイレ掃除は、嫌なことから逃げないで、汚れとしっかり向き合うこと、つまり人生にしっかり向き合うことにつながっている。
・あいている手は必ず何かをしっかりつかむ、しっかり壁につける。そのことによって、汚れや人生から逃げないで、しっかり向き合うことができる。
・迷いや不安が生じたら、身の回りを整理整頓する。

・たとえ成果が数値化できなくとも、誰も見ていなくとも、誰からも認められずとも、自分の信ずる道をただただ歩む。

・私の仕事でもなく、あなたの仕事でもない、誰の仕事でもない仕事を、自分の仕事として取り組むこと の美しさ、素晴らしさ!


小学校4年生の女の子と同じ班で実習をしました。
「最初は臭くて嫌だったけど、綺麗になってうれしかった。楽しかった」と言っていました。
重い気持ちで参加した私も、やればやるほど見えなかったものが見えてくることを肌で感じ、心も身体も軽くなりました。
[PR]
by qqbh8530 | 2010-02-17 10:13 | よりよい人生の為に

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530