司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

久しぶりすぎる更新です。
今回は、『より良い人間関係を目指して~ヤマアラシのジレンマに学ぶ』を発信します。

人生の悩みは、主に、「健康」と「お金」と「人間関係」の3つ、おおよその悩みは、ほとんどこの3つのうちのどれかだそうです。
さて、今日はその3つの悩みの中から、「人間関係の悩み」について考えてみたいと思います。

今だからこそ言えますが、20代から40代にかけて、私は、人間関係には本当に苦労しました。
人一倍思い込みが強いこと、空気を読めないこと、自我が強いことなどが、私の人間関係を難しくさせていました。

「自分を変えたい、変わりたい・・」
必死になって、セミナーに通い、本屋さんに通い救いを求めました。多額のお金をつぎ込んで得た答えは、「人は、基本的には変わらない、変われない存在だ」ということでした。ではどうしたらいいのか・・?
上司と部下、親子、嫁姑、夫婦、そして友人同士・・のコミュニケーションの悪化にお悩みの方、また、司会の新人の方々、事例はちょっと極端な例ですが、応用してみて下さい。


こんなことがありました。
私が20歳の頃、新宿の建設現場に日雇いのアルバイトに行きました。しょっぱなから、スコップを使って穴掘りの重労働です。
当時、ひ弱だった私、なかなかはかどりません。一緒にやっている4、50代のオッチャンが、私にこういいます「あんちゃんよ~、そこの京王デパート行って、おもちゃのスコップ、買ってこいや。そんなんじゃ仕事にならんべや~」

私は痛く傷つきました。それでもそのおじさんと「うまくやらなければ・・」と必死に気を遣い、身体よりも精神的に大いに疲れてしまったことを覚えています。実はこの「うまくやらなければ・・」という幻想が、人間関係をより複雑に、難しくさせているようです。
でも、正直言って、こんな暴言を吐くおじさんとは、うまくやらなくてもいいんです。かといって無視すると手に負えなくなります。こんな時、役に立つのが、「ヤマアラシのジレンマ」という話です。

***
ヤマアラシのジレンマ
寒さの中、二匹のヤマアラシが暖め合おうと近づきます。しかし、近づきすぎるとお互いの体の針が相手に刺さってしまう。かといって離れると寒くなる。二匹は近づいたり離れたりを繰り返し、ようやくお互いに傷つかず、寒くも無いちょうど良い距離を見つけます。
***
哲学者ショーペンハウエルの寓話を元に、心理学の大家フロイトが考えたお話です。


上記のお話を応用してみます。
ポイントは、差しさわりの無い程度の、相手との距離感をさぐることのようです。
暴言を吐くおじさんにのご機嫌をとっても、仕事が満足にできなければ怒りを買うだけです。
かといって無視すれば、相手は(俺を馬鹿にしやがって)と益々怒り狂うでしょう。

そこで、心を決めます。
・何を言われてもハイと素直に元気よく返事をする・・と決める
・怒られたら、相手の目を見て、素直に「すみませんでした」と謝る・・と決める。
・淡々と自分のできることをやる・・、やるべきことをやる・・、耐えて耐えて、できることをきちんとやる・・と決める
ただひたすら・・、これにつきます。こうして耐えるしかありません。これ以上おじさんとの関係を悪化させないための、最低限の法則です。

まとめます。

人間関係で悩んだら・・
・深刻に考えない。楽観的に考える~<楽観的になるには、客観的になる>
・俯瞰(ふかん)してみる・・。もしも、もう一人のあなたが、悩んでいるあなたを、偶然見つけた時、あなたは自分に何てアドバイスしますか?・・と考えてみる。
・傷つけあい、痛い思いをしながらも、近づいたままでいる必要はまったくない
・上手くやっていかなければいけない・・という思い込みを捨てる。
・上手くやっていかなくてもいい・・と、健全にあきらめる。そう自分を許す。
・相手の針の長さを知り、同時に、自分の針の長さも自覚し、くっつきすぎず離れすぎずの適度な距離を意識する。
・そのうえで、やるべきことはきっちりやる・・
やるべきこととは、職場では、ほうれんそう(報告・連絡・相談)そして挨拶。苦手意識や、嫌だ意識は、否定せず、とにかく一旦横に置いて、やるべきことをしっかりやる。そのために最も大切なポイントは、『どんなに辛くても、やりたくなくても、言いたくなくても、やるべきことはやるぞ!』と自分できっちり決めることです。


そして上記の基本ができてきたら、其の上で、
ストレッチ目標・・ちょっと背伸びして頑張って、苦手の相手に対してトライしてみます。
①少しだけ笑顔であいさつしてみる
②少しだけ、感謝の気持ちを述べてみる
③少しだけ、相手を褒めてみる
もしかしたら、意外な展開があるかもしれません!実は意外な展開を数回体験しています。

やはり人間関係改善の1つの手立ては、心を決め、耐え、やるべきことをきちんとやり、あとは運まかせ、天まかせ・・と言ったところでしょうか?

ということで、ヤマアラシのジレンマ・・参考になりましたでしょうか?
ちなみに、実際のヤマアラシは、針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているそうです。

参考文献・・
*杉本良明著 「人間関係にうんざりした時に読む本」
*浮世満里子著「プロカウンセラーのコミュニケーションが上手になる本」
*CTIジャパン訳 「コーチング・バイブル」
[PR]
by qqbh8530 | 2012-11-16 05:42 | よりよい人生の為に

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530