司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

初めて・・のコツ

披露宴司会者新人の方々の為に書いています。
決して偉そうに書いているのではありません。

私が司会者としてデビューした時、所属事務所のトップが「君は、なんでこの道を選んだんだ・・?もっと君に向いている職業がほかにたくさんあると思うが・・」と思わず洩らしたほど、私は司会に向いていないキャラクターでした。

自分に向いていない職業を選んでしまったからこそ、苦しみながらも、初心者向き~司会の「コツもどき」のものをつかみかけています。
こうやって書き続けることによって、「コツもどき」から「コツらしさ」へと発展途上の私です。そこんところをご了解頂きながら、興味がありましたらお付き合い下さい。

ラジオの開局記念の特別番組のお手伝いをさせて頂くことになりました。
披露宴司会はもう20年以上やっていますのでベテランです。
しかしラジオ等の番組のサポートは、まだまだ不慣れで、言ってみれば初めてのようなものです。
嬉しさ半分、不安の方は限りなく広がります。

今日、その打ち合わせをしました。
Sディレクターが、特別番組の概要を丁寧に分りやすく説明して下さいました。お陰様で、概要は十分理解できました。
さて、それでは実際、放送が始まったら、私は何をどのようにしゃべればいいのか・・そう思った瞬間、再び不安が広がりました。
そんな私の不安を感じ取って下さったのか、ご一緒するメインパーソナリティのHさんが、簡単なリハーサルを2度ほどして下さいました。
リハーサルをすることで、私の不安は一気に減少しました。

それはなぜか・・?

もちろん、リハーサルをしたからですが、実は、スタジオ入りから順を追って、時系列でリハーサルをして下さったからです。
ちょっと前まで、理解しなければならない項目が頭の中に散らばっていました。
そのばらばらだったものが、時系列のそれぞれのボックスに収まって、整理された感じです。お陰様で、一気にイメージがつかめました。
別の言葉でいえば、「センスが取れた」といった感じです。

この経験を通して学んだことは以下のとおりです。
・初めての内容の司会をする時は、必ずリハーサルをする。
・まず、概要を理解し、次に全体の流れを把握し、最後に時系列でリハーサルをする。
・イメージがつかめるまで、センスが取れるまでリハーサルを繰り返す。

以上のプロセスを踏むことで、不安はかなり減少します。
実体験済みです。
もしかしたら、これはどんな司会にも、どんな仕事にも、共通する一つのコツといえるのではないでしょうか?
[PR]
by qqbh8530 | 2010-03-18 22:53 | よりよい人生の為に
山梨掃除に学ぶ会が月1回実施している、JR甲府駅前街頭清掃活動に参加しました。
朝6時から7時までの1時間、JR甲府駅南口近辺を中心に掃除をします。掃き掃除とガム剥がしが中心です。

掃除用具は、「山梨掃除に学ぶ会」の世話人の方々が用意して下さいます。
竹箒(たけぼうき)をはじめ数種類の箒(ほうき)、塵取り、ガム剥がし用のへらやスクレイパーほか、およそ掃除に使ういろんな種類の道具が十分すぎるほどに準備されています。

初参加の私は、軍手のみ持参、掃除のできる格好で参加しました。
参加の予約も不必要、思い立った時に自由に参加できる自主参加のボランティアです。
その日はざっと20人~30人くらいの参加者だったでしょうか。小中学生や高校卒業したばかりの若者も参加しておりました。

甲府駅前のここは、もう何百回と歩いている歩道。
それでも、私の身長180センチ弱の高いところから見る歩道と、腰をかがめて低いところから見る歩道とでは、同じ歩道も全く違って見えます。
腰をかがめ、歩道に顔を近づければ近づけるほど、慣れ親しんだ歩道も新鮮です。
今まで気にもしなかった歩道の汚れやごみに、改めて気付きます。

そのゴミを、そこのところの溝のごみを掃きだすと、また違うごみが見えてきます。
新たに見つけたそのごみを掃きだすと、又さらに今まで気付かなかったごみや、汚れや、へばりついたガムが目に入ってきます。

敷き詰められたレンガにへばりいたガムを、スクレイパー(へらのちょっと大きめなもの)で除去しました。
簡単に剥ぎ取ることができました。こちらのガムもあちらのガムも剥がしました。なんだか得意になっている自分を感じました。

益々ガムを剥がしたくなり、いつのまにか歩道にへばりついたガムだけを集中して探すようになっていました。見つからないと、なんだか物足りません。

丁度その頃、東の空から朝日が昇りはじめました。
私は朝日を浴びながら、なんともいえない清清しい気分になりました。
時間はあっという間に経過。
午前7時少し前、世話人の清水さんが「おつかれさまでした。さぁそろそろ終わりましょうか。綺麗になりましたね~」と声をかけて下さいました。

全員で集合写真を撮った後、小さな円になり、簡単な反省会。初めて参加した人は自己紹介できます。初参加の私も、一言挨拶し、簡単な感想も述べさせて頂きました。
参加者の温かな拍手と笑顔がとても印象的でした。

その後三々五々解散。見違えるほど綺麗になった甲府駅前の歩道を、私は静かに踏みしめながら、現場をあとにしました。

さぁ、今日はこのあと9時から、ハードなホテルウェイターの仕事・・。
早起きもあって、身体はちょっと疲れていましたが、気力だけはとても充実しています。「よし、今日も頑張ろう」そんな気持ちになりました。
[PR]
by qqbh8530 | 2010-03-15 12:05 | よりよい人生の為に
兄からの紹介で、人間学を学ぶ月刊誌 致知(ちち)を愛読しています。
元気が出ない時、道に迷う時、悩んでいる時によく手に取ります。私にとっては、なかなかいい「無言のカウンセラー」です。

先日も、自身の今後が視界不明瞭、元気をなくしている時、たまたま手にした致知(ちち)4月号の記事に、救われました。

語学教育分野の営業で、世界第2位の実績を挙げた和田裕美さんと、人気作家の浅見帆帆子さんの対談『人生は少しの気づきで好転できる』の記事が載っていました。

和田さんの言葉・・『「ワクワクする」というのは、仕事でも人生でも私の中でとても重要なこと。結局ワクワクという気持ちというのは、未来を信じるパワーだと思うんです。そういう心の状態になると、未来を信じた行動を選択するようになって、服も変わるし、メイクも変わるし、話し方も変わるし、すべての言動が明るい方へ変わっていきます』

浅見さんの言葉・・『ワクワクして生きている人とびくびくして生きる人とでは、5分後から全然違う未来になっていきますね。
また、私は、自分の心の状態や考え方にはすべての波動があって、それと同じレベルのものを引き寄せると思っているんですね。だから「嬉しい、楽しい」という波動で生きていると、それにぴったりの人なり出来事が引き寄せられて、結果的に夢も叶いやすくなるし、いい人にもめぐりやすくなるんです』

上記を読んで、私は少し元気になり、「私のワクワク探し」も始まりました。


さて、この対談を読んで、私が1番パワーを頂いたのは、浅見さんがお母さんから言われた『いま、目の前にあることを一生懸命やると、道は必ずつながるから、心配することはない』という言葉でした。

私の経験則でも、その真実を実際に体感しています。忘れかけていたものを取り戻したような気がしています。

今、目の前にある、やるべきことを一生懸命にやる・・・。

そのことによってのみ、おのずと新しい道につながっていくにちがいありません。

月刊誌 致知(ちち)は書店では購入できません。
詳細はこちら http://www.chichi.co.jp/

以上、今回の記事は、青春真っ只中の、披露宴司会を始めたばかりの方々に向けて書きました。少しのヒントとなれば嬉しいです。
[PR]
by qqbh8530 | 2010-03-11 12:43 | よりよい人生の為に

ルミファンタジア

ルミファンタジア・・ベテランの方は、もう何度も経験積みで、コメントや拍手のタイミングも自由自在のことと思います。
しかし、司会の仕事を始めたばかりの方には、(えっー、どうしよう・・?)と、ちょっぴりプレッシャーのセレモニーですよね。
読者からもコメントのタイミング等の問い合わせがありましたので、整理してみます。

ルミファンタジアとは・・、
披露宴の中盤から終盤、特にお色直し入場時などに、新郎新婦が、それぞれ違う種類の液体が入った小さなボトルを1本ずつ持ち、それを各ゲストテーブルのガラスの入れ物に同時に注ぐことによって、混ざり合った液体が化学変化を起こし、いろんな色の光に輝く光の演出の一つです。

キャンドルサービスと同じように、新郎新婦が各テーブルにご挨拶を兼ねてお伺いし、液体を注ぎます。
最後にメイン横の大きなグラスタワーに、同じように二人で液体を注ぎ、色の変化を楽しみます。キャンドルサービスに変わる音と光の演出といったところでしょうか。

盛り上げのタイミングは、やはり何といってもメインの大きなグラスタワーに注ぎ終わった時の、大きな歓声と拍手でしょう。ここをうまく誘導します。

私は、F1のシャンパン・ファイトではありませんが、注ぎ終わったボトルを新郎新婦お二人に、ちょっとだけ上に掲げて頂きます。
その時、自然に拍手が来る時もあれば、司会の私から拍手を先導することもあります。

また、ファミリアルな宴の時には、「ここが拍手のしどころでございます」「ここは自然に拍手が起こることになっております」「いいお客様は、ここで拍手をして下さいます」なんて笑顔で言ったりして、自分も楽しみます。

しいて留意点を言えば、
ルミファンタジアのセレモニーで、新郎新婦の大好きな思い出の曲リクエストがある様な場合は、司会コメントは極力控え、音と光の演出力に頼ります。
経験上、メインのところでのほんの一言だけで、十分素敵なセレモニーになったこともあります。

ただ、それは司会がいいのではなく、お客様がちゃんと心得ているからです。
そういう客層にあたっていい感じに盛り上がると、つい司会の腕が上がったと勘違いしますが、いずれボロがでます。私がそうでした。
新人の方、その辺だけは気をつけてね。
[PR]
by qqbh8530 | 2010-03-10 13:00 | 司会
披露宴司会新人の方々の為に・・ご参考まで
時には、非常にこだわりが強い新郎新婦もいらっしゃいます。

会場のセッテイング、装花、スタッフの動きやサービスの仕方、料理だしのタイミングまでも、細かくチェックしてきます。
正直言いまして、私は新人の頃、そういうカップルを、少し煙たく感じておりました。

しかしそれは、今思えばとんでもないことで、気配りの視点を新たに教えて下さったと、感謝の念を持っています。
今なら喜んで、お二人の意向に沿うよう全身全霊努力致します。


その道を仕事として生きてくれば、その分野のことが誰よりもよく見えます。
新郎が料理人であれば、盛り付けや色合い、料理だしのタイミングまで気になります。
新婦がウェイトレスであれば、サービスするスタッフの動きや笑顔がとても気になります。

当然です。
それでも自分が知らない分野は、煙たく感じてしまうのが、未熟さ・・、こころの磨きどころです。
知らなかったことを知ってしまえば、今度は逆に、それは強みとなります。

せっかくこの式場を、このホテルを選んで下さったのです。
喜んで、お二人の細やかな要望に答え、尚且つその期待以上のサービスをして喜んで頂こうと、思いを強くし臨みたいものです。

打ち合わせ直前、プランナーから、「非常に細かくチェックされるお客様です。宜しくお願いします」と言われると、司会者として結構ビビります。
司会者として、どうにかしようと思うからこそ、余計ビビってしまうのです。
逆に、新郎新婦に教えを請い、プロとして対応していく立場を取ると、緊張はしますが謙虚になれます。

打ち合わせ時、披露宴全体のイメージを聞いた後、私はこうお伺いします。
「できれば避けたい、こうはしてほしくない、これだけはしないでほしい・・、司会関係に限らず、思いつくまま、ぜひ、何でもおっしゃって下さい。お二人の気になっている点を知ることは、司会者としてとても助かります」

司会者として、新郎新婦のやってほしいことをやることは当然です。
しかし、やってほしくないことは絶対にやらないことは、それ以上に大切だということを身にしみて感じています。
[PR]
by qqbh8530 | 2010-03-05 14:33 | 司会

ファーストバイトの司会

披露宴のハイライト ウェディングケーキ入刀に続いて、ファーストバイトがあります。
新郎新婦それぞれが、生ケーキをスプーンですくい、お互いに食べさせ合うシーンです。
その時、多くの司会者が「皆さん、ご一緒に。はい!あ~ん」と掛け声をかけるそうです。

今日はその「あ~ん」について考えてみます。

読者からこんな投稿がありました。
転載ここから・・・
◆ファーストバイトの「あーん」という掛け声について
これは、数ヶ月前に起こった出来事からです。

ある日、某会場にて、ファーストバイトを行った瞬間、キャプテンが私のところまでやってきて耳打ちするのです。
『司会者さん、なんで、「あーん」って言わなかったの?言ったほうが盛り上がるでしょ?』

私は今までどの会場でも、そんなことは言われたことがなかったので、少々驚きました。
が、ここは郷にいれば郷に従えで、その後は、あえて、皆様に掛け声のご唱和「あーん」を、趣味ではないですが、入れることにしました。

そのようにしてから意外や意外、非常に盛り上って、会場に一体感が生まれるようになったのです。
品よくお願いすれば、皆様も協力的です。
その後、いろいろな会場で雰囲気をみて、行うようにしています。

また、あるゲストハウスなどは、逆に「あーん」はNGで、「それではどうぞ」で統一してください、というのもありました。
「たかが あーん、されど あーん」です。
会場によって、お二人の雰囲気によって使い分けると良いかなと思います。
・・・ 転載ここまで

上記の投稿内容を見て、私もとても考えさせられました。
しかし、「あ~ん」というコメントは私にはなかなか言えません。
なんだか照れくさくて、それに自分のイメージに全く合わないと思うからです。

それでも、新郎新婦や列席者、時には婚礼キャプテンも、その言葉を司会者に求めてくることもあります。

いずれにしても、お客様の年齢や会場の雰囲気、司会者のキャラクター・・等、その場に似つかわしいコメントを模索し、使っていくしかないように思います。

先日はこんな感じでやってみました。

司会『いよいよファーストバイト・・、こういう時は、なにか皆さんで、いっせいに声を掛けて応援するそうですが、さて今日は、どんな掛け声に致しましょうか?』

列席者数人が声を合わせて『あ~ん』と教えて下さいました。

司会『有り難うございます。なるほど(あ~ん)ですね。それでは、今教えて下さった、そちらのご友人の方々に音頭を取って頂いて、列席者全員のご唱和を願い致します・・』

賛否両論あることでしょうが、ようは人それぞれに自分の許容できるコメントで、尚且つお客様の希望もある程度満足させられるコメントを探していきたいものです。
[PR]
by qqbh8530 | 2010-03-03 16:10 | 司会

事前準備の大切さ

久しぶりにパーティーの司会です。300人の大人数。
津軽三味線の演奏や、プロの演歌歌手も出演します。
進行表がありますので、それに沿って、コメントを作っておけば問題ありません。しかし、1箇所だけ不安なところがありました。

打ち合わせ時、パーティー担当者から、
『パーテイー前半、和食調理人による<鮟鱇(あんこう)つるし切り 解体ショー>がありますので、司会者さん、解体人とうまく絡んで、ショーを盛り上げて下さい」とのご指示。
私は、つい詳細もあまり確認せず「はい、了解しました」と答えてしまいました。

<まぐろの解体ショー>は聞いたことはありますが、見たことはありません。
ましてや、<鮟鱇(あんこう)のつるし切り 解体ショー>は初耳です。
司会者としてどう絡んでいくのか?なぜあの時、担当者に納得いくまで詳細を確認しなかったのか?ベテラン司会のプライドが邪魔をしたのだろうか・・?

堂々巡りになりかかった時、悩むのは止め、アクションを起こすことにしました。
インターネットで、徹底的に「鮟鱇」について調べました。
「つるし切り」についても調べました。
そして項目別に整理し、いつでもすぐにコメントできるように事前準備をしておきました。

当日、パーティー前、解体人に直接会い、解体の進め方等を教えて頂きイメージを取ることができました。
解体人の役職や氏名、掛け合いの流れなども確認をすることができました。
解体後さらに食べやすく調理し、<鮟鱇鍋料理>として食べられるまでに時間を要することも分りました。

お陰様でどうにかクリヤーできました。

学びは以下のとおりです。
何がなんだか分らない時は、とにかくできることを一つでも二つでもやってみる。
一つやれば又一つ分らないことが・・分ってくる。その繰り返しの過程でイメージをつかんでいく。
事前準備の大切さを改めて身にしみて感じました。

ちなみに鮟鱇(あんこう)の豆知識です。ご参考まで
・「鮟鱇の吊るし切り」~鮟鱇は体全体が柔軟性に富み、粘りがあるため、「吊るし切り」という独特の方法で捌かれる。吊るし切りは、下あごにフック(鉤)をかけて体をつるし、アンコウの口から、水を流し込んで胃を膨らませ、柔らかい胴体に張りがでたところを回転させながら、解体する方法である。
・鮟鱇は深海魚、頭部著しく大きく、幅が広い。
・肉食性で、口が大きく、歯が発達。海底に潜んで他の魚を襲うのに適するため、口はやや上を向いている。口の上には棒状の突起がついており、これを動かして獲物をおびき寄せる。魚の他にも、たまに水面に出て海鳥を襲うこともあり、食べるために解体したら胃の中にカモメやウミガラス、ペンギンなどが入っていたという報告もある。
・泳ぎが下手、泳ぎの上手な魚を追い回しても逃げられてしまう。そこで、海底の砂に潜り、その突起の皮を水面で揺らし、これをエサだと思って寄ってきた魚を、丸呑みにする。
・アンコウの旬~肝が肥大化する11月から2月が一番美味しい時期とされる。
・アンコウの「七つ道具」~(身肉、頬肉)/皮/胃/キモ(肝臓)/卵巣/えら/ヒレを7つ道具と呼ぶ。一般にはその七つ道具と野菜を、味噌または醤油味で調味し、あんこう鍋として供される。
特に肝臓はアンキモと呼ばれ、ポン酢にもみじおろしで食べるが、美味として珍重され、見た目と食感から「海のフォアグラ」とも云われている。
・食用になるのはメス。まれにメスの胃袋の中からオスのアンコウが出てくることもある。これは産卵の時期、オスはメスに食べられるからである。カマキリと同じような習性を持っていると知られている。
・アンコウの栄養素
基本的に水分(全体の約80%)。白身の部分は脂質が少なくヘルシー。アンコウの身にはビタミンBが含まれ、皮膚や粘膜の健康維持、そして貧血予防に良い。
対してあん肝は脂質が多く高カロリーで、ビタミンA ビタミンDが豊富。肌の健康を維持したり、老化防止に良いとされている。
[PR]
by qqbh8530 | 2010-03-01 15:34 | 司会

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530