司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

司会を演ずる・・?

私は披露宴司会者であると同時に、ホテルウェイターでも有ります。
共に現役で頑張っています。

ホテルのウェイターの仕事をしながら、沢山の司会者の司会振りを見ることができます。
先日は結婚披露宴のウェイターの仕事をしながら、持込の司会者の司会振りを見聞きしました。

その司会者はベテランらしく、新人司会者と思われる見学者もおりました。
司会振りは、なかなか声量も有り堂々としておりましたが、私がもっとも苦手とするタイプでした。

つまり、一言で言えば演じる司会です。司会者を一生懸命演じているのです。
進行MCには沢山の形容詞が添えられ、朗々としゃべり、自己満足的な、自己陶酔的な司会ぶりを感じて仕方ありませんでした。

この司会者はいつもこうした司会をしているのだろうか?
新郎新婦からそういう情感たっぷりの司会をするよう要請があったのだろうか?

もちろん思い入れの激しい演歌調のこういった司会を好むお客様も、大勢いることは知っています。
ただ、私はそういう司会はどうしても拒否反応が出てしまいます。
良い悪いの評価は一旦横に置いて、少なくともできる限りそういう司会をしないよう自分自身を戒めます。
もっと普通にしゃべって頂きたいのです。
一つ一つのシーンをことさら粒立て盛り上げようとする司会・・避けたいものです。自分のことを棚にあげて、ちょっと偉そうでしょうか・・?


私の尊敬するJTプロダクション代表の鶴賀二郎氏の著書 『縁と宴』の中にこんな1節があリます。(仲澤の解釈に沿って要旨を記す)

『披露宴は、120パーセント形式である。一つが終われば、次に何が始まるのか、出席者は先刻ご承知である。
それなのに、ことさら人々の歓心を買おうとして、形容詞過多の、厚化粧した表現で言葉を並べ立てても、聞く人の心に通わない。それどころか押し付けがましく、不快感さえ与える。

逆に分かりきった言葉で、自然な語り口で、簡潔に話す。
言葉は贅肉をそいでいくことで深みを増す。言葉は多様性を持っており、決まったせりふを形式を踏んで話しても、語る人が実感した心を表現すれば、お客を心地良くさせることができる。司会者は百万言並べ立てるトーキングマシーンではない。

プロ司会者イコール饒舌ではなく、少ない言葉の行間に、どれだけの思いを埋め込めるかが、シンプルイズザベストの意図する所である。』(文中の太字は仲澤の表記です)


目指すところは、その時々に司会者の実感を添えてしゃべっていくことだと思います。
司会を演じるのではなく、実感を語る!
お客様は、司会者に<司会>を演じて欲しいのではなく、その人らしい等身大の司会をして欲しいのです。

如何でしょうか?
[PR]
by qqbh8530 | 2008-06-15 21:54 | 司会

こころのお手本

披露宴司会が上手になるにはなんと言っても<手本となる人>が必要です。
その人のしゃべり方や間の取り方やジョークまでも、まねてまねてまね抜くのです。その上で自分らしさを加えていきます。こうすれば比較的短期間で、ある程度の技術レベルまで司会術は上達する事でしょう。

でも本当はもっと大切な事があります。
それは手本となる人の<生き様や志(こころざし)>を学ぶことです。これもまた、まねてまねてまね抜きます。そして人間力を高めるのです。

この生き様や志(こころざし)の手本となる人は、何も司会の先輩でなくても良いと思います。
私は私で、ある一冊の本の中に、手本となる人を見つけました。


*****     *****     *****     *****     

戦後まで活躍した歌舞伎俳優六代目の尾上菊五郎。
彼の踊りっぷりは伝説として語られています。

通常歌舞伎俳優は、舞台から花道を通って揚幕(あげまく)の中に入るのですが、多くの俳優は、揚幕(あげまく)に入ると同時に舞踏をやめます。
ところが六代目菊五郎は、揚幕(あげまく)に入っても、誰も見ていないのに突き当りまで踊ったといわれます。

『お金を払って見てくださるだけがお客様ではない。私は、私の芸を観音様に奉納するのであるから、見る人の多い少ないは問題ではない』と言い、観客の数によって力の加減をする俳優達を強く戒めました。
どんな時も常にベストを尽くすタイプでした。

人生を豊かに生きる12章 松原泰道著 祥伝社 (第8章P161の5行目からの内容を、仲澤の解釈で、抜粋と要約しました)

*****     *****     *****     *****    

揚幕(あげまく)の中に入っても、誰も見ていなくても突き当りまで静かに踊り続ける菊五郎・・
その姿が、鮮明に浮かび上がります。
なんと薫り高い生き様でしょう・・!

披露宴司会者を続けていく為に、彼のその生き様や志(こころざし)をぜひともお手本にしたいと思います。
[PR]
by qqbh8530 | 2008-06-11 22:59 | よりよい人生の為に

ハッピーノートを作る

今日は司会のことから少し離れて、より良い人生について考えてみました。

いろいろと調べましたところ、
プラス(幸せ)用語は、主に喜び/感謝/希望に関する言葉群で、例えば
<嬉しい・楽しい・有り難う・素敵・いい人・ついてる・うまくいっている・・>等々でした。

マイナス(不幸せ)用語は、主に心配/不安/排除に関する言葉群で、例えば
<悲しい・つまんない・疲れた・やる気がしない・大嫌い・ついてない・・>等々でした。

プラスのことを考えれば心も身体も元気になるそうです。
マイナスの事ばかり考えますと、血液が濁り、抵抗力や自然治癒力も落ち、心も身体も不健康になるそうです。

ならばできるだけ<プラス用語>を使うようにすればいいわけですが、私も含め多くの人達は、マイナス用語を使う習慣やくせを持っているようです。

そ・こ・で・・

プラス(幸せ)用語を使う習慣・・、つまりプラス発想を習慣化する方法を提案させて頂こうと思います。
以前、メールマガジン『心の栄養さぱりメント』に掲載して頂いた記事を、ちょっと長いのですがそのまま転載させて頂きます。波長が合いましたら一度ぜひお試し下さいませ。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  
こころの栄養@さぱりメント

  ~☆ジンジンしびれるこころのウラワザ☆~
                  
                Byこうちゃんパパ

    2006/10/26日号  
 
 ┌──────────────────────────
  ■今回のタイトル
  
  ~ハッピーノートさまさま ~

「ハッピーノート」とは、
1冊のノートに、その日その日のハッピーだったことだけを、ただ書き留めるだけ・・というノートです。


・簡単です。
・短時間でできます。
・誰にでもできます。
・必要なものはノート1冊・ペン1本です。
・害は一切ありません。
・良い事が起こりはじめます。シアワセな気分に浸れます。

私はここ1週間「ハッピーノート」を書き続けています。
そのご報告です。1週間書き続けてみて、どんな気付きと学びがあったかを書いてみたいと思います。

まず私が「ハッピーノート」に書いた事のほんの1部です。
・家族皆元気でいられること。
・食事をおいしく食べられること。
・夜、何の不安もなくゆっくり休めること。寝られる布団があること。
・お風呂に入って気持ち良い、気持ち良いなぁと感じられる事。
・家にお風呂があること。自分ひとりでお風呂に入る事ができること。
・足腰がしっかり働いてスムーズにお風呂に浸ることができること。
・目が見えるお陰で本が読める。夜でも電気のお陰で本が読める。
・本を支える手や腕があるから本が読める。
・静かな環境があるから本が読める。読む時間があるから本が読める。
・私は、今本を読んでいます。とても恵まれた環境で、とても幸せです。


気付きと学び
・いつも気にもとめていない何気ないことの中に、幸せのかけらを見つけることができるようになりました。
・幸せのかけらを拾い上げる事が出来るようになりました。
・当たり前・・から、お陰様で・・と気持ちがシフトし、感謝の気持ちが湧きやすくなりました。
・ハッピーノートを書いている瞬間瞬間は、確実にハッピーです。
・それ以外の時々にも、幸せな気分を感じる瞬間が多くなりました。
  

もしかしたら、いやな事を考えたりする時間の合計よりも、幸せを感じる時間の合計の方が多くなった時、本当の幸せを実感できるのではないでしょうか?  
そうなるとハッピーノートを作ることは、とても有意義な事となってきます。


「ハッピーノート」作成について
・見栄えのする明るい色(シアワセを感じる色)のノートを選びます。
・書く物(鉛筆・ボールペン・万年筆等)は書きやすいものを選びます。
・名前をつけます。
(ハッピーノート・幸せノート・幸せ貯金ノート・感謝発見ノートetc)
・自分のお気に入りのあなただけのオリジナルノートにして下さい。
・ノートができましたら、おまじないをします。ノートをそっと抱きしめて「このノートのお陰でしあわせになりました。ありがとうございます」とつぶやきます。
(ちょっと照れくさいですね!でもこのおまじないで、自己暗示もかかりその気になれます)


「ハッピーノート」使用法について
・ノートとペンで1セットです。置き場所を決め、いつも同じ所に一緒に置いておきます。
・習慣化するまではできるだけ、同じ時間帯・同じ場所で書く事をお薦め致します。
・記入時間ははじめは5分以内を目安にすると良いでしょう。(やる気がしない時でも、5分だけだからと自分を鼓舞することができ、継続しやすくなるからです。)
・できれば毎日続けてくださいね。
・何の制約もありません。
どうぞ楽しんでハッピーノートを書き続けて下さい。


ポイント
*1日5分・同じ時間・同じ場所でハッピーノートにハッピーなことだけを書きます。
*毎日書きます。1週間続けます。さらに1ヶ月そして1年・・と続けます。


心につける薬に万能薬はありません。
様々な方法は一長一短です。
又相性もあります。

このハッピーノートは、まだまだ現在体験試行中ですので、はっきりした事は申し上げられません。

ただ、私のここ1週間の体験上では、
最近どうも元気が出ない/やる気がしない/何かつまらない/あまり幸せを感じられない/どうも気分がスッキリしない・・・
等々の方々へのひとつの処方箋となる事と思います。
byこうちゃんパパ

*************************

転載ここまで。
一部仲澤の都合で訂正削除加筆があります。ご了承下さい。
上記の記事は私が2年前に書き上げたものです。(ペンネーム こうちゃんパパ)


振り返りますと、正直言って毎日毎日ハッピーノートを書き続けることは苦しいものがありました。
今では、時折り思いついた時や自分の軌道修正の時などにこのハッピーノートを書いています。
大分長くなってしまいましたが、私には確かに効果が認められましたのでご紹介させて頂きました。
[PR]
by qqbh8530 | 2008-06-10 07:35 | よりよい人生の為に

その先に夢を見る・・!

先日(5月30日)、キャプテンよ・・というタイトルで記事をアップしました。

その記事の要旨は、
いくつかのミスを重ねる新人司会者が、キャプテンに冷たくされ悩んでいる・・その悩みに対し、キャプテンは変わらない、キャプテンを信頼し笑顔で接し続けるしかない・・といった内容です。詳しくはこちらへ(かなり長いので、アドレス部分はスキップして頂いて結構です)
http://qqbh8529.exblog.jp/8002380

この記事に関連して読者のAさんからメールを頂きました。メールの内容は主に以下の通りです。
・同じ様な悩みを持つ一人です。ブログを読んで、今までついつい後ろ向きに物事を考えてきたことに気付きました。
・ここで逃げてはいけませんよね。
・キャプテンとも、いずれ良好な関係を築けることと信じて、素直に精一杯頑張りたいと思います。
・お礼と笑顔を忘れずに粘り強く頑張っていきたいと思います。
・お陰さまで少し元気が出てきました。有り難うございました。
というような内容です。
お役に立てたようでとても嬉しく思います。メール有り難うございました。


Aさん、どうぞこれからも、何かあっても<これはこれ、それはそれ、あれはあれ>とすっきり割り切って、何事もなかったの如く、キャプテンを信頼し、お礼と笑顔を忘れずに、明るく素直にそして丁寧に、キャプテンと接し続けてみて下さい。その姿勢を継続してみて下さい。


キャプテンは変わらないかも知れません。
でも、それでいいのです!


なぜなら、Aさんのキャプテンに対する行動を通して、何よりもAさん自身が本当の意味で<成長>するからです。
<お礼と笑顔を忘れずに明るく接し続けること>この行為自体が、成長という大きな価値を生み出すからです。

どうぞぜひ粘って下さい。そして乗り越えて下さい。
その先には、Aさんの体験が転じて、今度はそういうことで悩む新人達をサポートする立場が待っているのです。

アントレ プレナー 福島正伸氏曰く、
・・・目の前に壁があったら、その先に夢をみる・・

頑張って下さいね!
[PR]
by qqbh8530 | 2008-06-03 11:47 | 司会

司会の心構え

司会の仕事に燃え、頑張っている新人司会者の方々にちょっと一言だけ。

結婚披露宴・・大変おめでたい慶事ではありますが、出席者のすべての方々が手放しで喜んでいるわけではありません。そのことをぜひとも頭の片隅に置いておいて欲しいのです。

嬉しいけど寂しい・・複雑な面持ちの新婦お父様。そのお父様に対し、誰も彼もが高いキーの声での、おめでとうございます攻めは、少々辛いものがあることでしょう。

嬉しいけれど心配で・・わが子を遠く離れたところへお嫁に出す母親の心境もまた、これまた複雑なものがあると思います。

司会者として、そういったこともあるのかもしれないと頭の隅に留め置きながら、『本日はおめでとうございます』と明るく心から言いたいものです。


22年の披露宴司会の経験を通して言える事は、
ほとんどの披露宴が、大なり小なりの問題を抱えながら当日を迎えているらしい・・ということです。
嬉しいけれど手放しでは喜べない人達が必ずいらっしゃいます。
考え方の違いで両家の仲が少々こじれ、現在修復中といったケースも時にはあるのです。
宗教上の違いをはじめ、気が合う気が合わない・・等の細かなことまで、本当に多種多様・・少々の問題や摩擦があるのがほとんどです。

それでも・・それでもそんな様々な問題を抱えながらも、御両家ご両親様は、一常識人として精一杯の笑顔のおもてなしをしているのです。

そういう環境の中で、そういう人達の前で司会をさせて頂いているのだと考えれば、司会に臨む心構えが少しは変わって来るのではないでしょうか?

決して、チャラチャラなんかはできません。
そう、チャラチャラした司会は絶対にしないようにしよう・・と、ぜひとも心に決めて頂きたいのです。
私自身への戒めも含めて、新人司会者の方々に一言提言させて頂きました。

今日は短めに終わります。有り難うございました。
[PR]
by qqbh8530 | 2008-06-01 19:28 | 司会

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530