司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

心の定規

d0054785_12124669.jpg私は今でもよく、<心配しても仕方がないこと>を<心配>します。
また<いくら考えても分からないこと>を、<考え>たりします。

<心配>することで、その心配事が解決するのであれば、大いに<心配甲斐>があります。
また<考えること>で答えが出てくるのであれば、大いに<考え甲斐>があります。

心配しても仕方がないことを一生懸命心配し、考えても分からないことを懸命に考える・・・人間の人間たる所以(ゆえん)の一つなのでしょか・・・?

東京生活30年、住み慣れた東京をあとにこの4月山梨に移り住みましたが、先日自分の心の中に、定規で1本の線を引きました。
お陰様で<ふるさと山梨で生きる>と覚悟ができました。

覚悟ができると迷いは少なくなります。

つまづいたりして、「東京にいれば・・・」なんていう気持ちが湧いて出てきた時、
<ここ山梨で生きるのだ>と言い聞かせることができるからです。



心配しても仕方がない時、私は自分にこう言い聞かせます。

『宏一はそのことが心配で心配で仕方がないんだなぁ。
けれど宏一、その心配はあくまで推測だぞ。そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない

心配してもどうにもならないことは、思い煩うことをやめてみないか!

やめる方法は簡単だよ。
ただ<今自分にできることをしっかりやっていくぞ>と、覚悟するだけでいいんだよ。宏一の心の定規で、1本の線を勇気を出して引いてごらん!』



同じく、考えても考えても堂々巡りの自分に気付いた時、
『こういちくん、考えて分かることは大いに考えよう。考えても分からないことは、今できることをしっかりやって、後は神様にお任せしよう!』


自分で考え解決できる問題(自身である程度コントロールできる範疇)か、運任せ天任せの問題かを明確にすると、心配事はずいぶん少なくなるように思うのですが・・・。
いかがでしょうか?


*この記事は、以下のブログ6月21日掲載分 「いくら考えても分からないこと」 を参考に書かせて頂きました。
http://counseling.exblog.jp/



photo by Tomo.Yun
http://www.yunphoto.net

今日の順位は・・・?ブログランキングアップ・・・力付けのワンクリックお願い致します。ありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by qqbh8530 | 2006-06-22 12:05 | よりよい人生の為に

ヤマアラシに学ぶ

d0054785_1282483.jpgこんな話がありました。

ヤマアラシのジレンマ

『冬の寒い日に、2匹のヤマアラシがお互いに温め合おうとしてそばに寄りました。
ところが2匹ともトゲがあるヤマアラシ同士なので、近寄りすぎるとトゲが突き刺さってしまいます。
かといって離れすぎると、今度は寒さに震えてしまいます。
2匹のヤマアラシは何回も何回も互いにくっついたり、離れたりしながら、やがてようやく適度な距離を保つことができるようになりましたとさ』
(浮世満理子著「プロカウンセラーのコミュニケーションが上手になる技術」P146から抜粋しました)


拝啓 ヤマアラシ様
あなた方の、ちくちく痛い思いを乗り越えて、互いの納得する<距離感>を探し当てる真摯な姿勢、そのお姿を想像し、ただただ頭が下がります。

私はあなた方の葛藤から、
<あぁ、たとえ親子であっても、兄弟であっても、親戚であっても、無二の親友であっても、ついつい気を許して、近寄りすぎて傷つけあってしまったりしてきたこと>を思い出します。

私はあなた方のジレンマから、
<かといって離れすぎてかえって孤独感に陥ったりすることもよくあったこと>を思い出しました。

ヤマアラシ様達のお互いの<トゲの長さ>が違うように、私達もまたそれぞれにお互いの<適度な距離感>は違うようです。

ですからヤマアラシ様たちと同じように、<この方とはこれくらいかな・・?、いやもうちょっと近づいてもいいかな・・?>お互いがお互いに適度な距離を測りあうことがとても大切なことだと気が付きました。

私は、時折りヤマアラシさんになったつもりで、相手との距離感を改めて肌で感じてみようと思い立ちました。
もちろんより良い人間関係のために!より良い人生のために!

ヤマアラシ様 お元気で!
                                            敬白


photo by Tomo.Yun
http://www.yunphoto.net

今日の順位は・・・?ブログランキングアップは少々あきらめ気味です。力付けのワンクリックお願い致します。ありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by qqbh8530 | 2006-06-20 01:28 | よりよい人生の為に

ペア司会に学ぶ

d0054785_0205759.jpg先日<ペア司会>を生まれて初めてやりました。

披露宴導入部分と新郎の紹介そして新郎側の主賓の紹介が私。

新婦紹介と新婦側主賓の紹介、ケーキ入刀、乾杯までペア司会の相手方Tさん・・・と各パート別に役割分担を決め進行して参りました。

順調です。

彼女は長年培ってきた独自の感性があり、持ち味があり、好感が持てました。

やはり女性司会者は、新婦の立場、あるいはお母様の気持ちの共感しながらの司会ができるのですね。
男にはできにくい分野をさりげなくコメントで埋めていくシーンは、なにかとても魅力的でもありました。

フィナーレ間近、謝辞態勢(お開き口付近にご両家ご両親並びに新郎新婦が一列に整列する態勢のこと)が整うまで2分ほどの<間>がありました。

ちょうど私のパート(役割分担)だったので、その<間>を埋めるべく、私は披露宴の<総括>を試み、考え考えコメントで埋めていきました。

自分ではちょっと不自然さを感じたのですが、そのままの流れでお開きへと進めて参りました。

披露宴自体はとても和やかで、大人の雰囲気や落ち着きもあり、楽しい宴だったと思います。

家に帰ってシャワーを浴びている時でした。

ふと『なぜあの時(謝辞態勢ができるまでの2分間)、ペア司会者のTさんに軽く振って、二人でおしゃべりしなかったの・・・・?』と耳元で誰かがささやくのです・・・。


大きな学びです。
自分のパートだからと、自分で頑張っちゃったわけですね。

<まだまだ修行が足りないぞ、おぬし!>

自分が自分が・・・の気持ちをさらりと捨てて、相手方にもう少し頼ってもよかったんだ・・・
そんなことを思ったペア司会の初体験でした。


photo by Tomo.Yun
http://www.yunphoto.net

今日の順位は・・・?ブログランキングアップは少々あきらめ気味です。力付けのワンクリックお願い致します。ありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by qqbh8530 | 2006-06-17 00:18 | 司会

仕事収め

d0054785_23595469.jpg平成18年6月11日 ホテルグランドパレス ゴールデンルームにおいて、JTプロダクション所属仲澤宏一は、最後の司会の仕事を終えることができました。

ホテルグランドパレスは私が約25年以上ウェイターとして勤務した、思い出深いホームグラウンドです。
嬉しかったこと哀しかったこと、楽しかったこと辛かったこと、いっぱい一杯詰まっているわが青春の宝石箱のようなところです。女房もここで見つけました・・はい。

ホテルでウェイターとして働きながらも、プロ司会に憧れ、縁あってJTプロダクション社長の鶴賀二郎氏の指導を受け、メンバーに入れて頂き、ここまで約20年<JTプロの仲澤>として司会をやってまいりました。

先日の披露宴司会が<JTプロの仲澤>の最後の司会、仕事納めでありました。
私は自分自身にお疲れ様を言い、女房にも<ありがとう>を言いました。

ふと目頭が熱くなります。<JTプロの仲澤>として走り続けてきたあっという間の20年、
数々の思い出がなぜか涙を誘います。『辛いこともあったけどやはりJTプロが好きだったんだなぁ・・・』

大きなありがとうの届け先は、やはり私をかわいがって下さった鶴賀社長に、そしてデスクのメンバーに、そしてJTプロのメンバーに、さらに各ホテルの予約の方々お一人お一人へ・・・と広がっていきます。

長い間お世話になりました。感謝、深謝です。本当にありがとうございました。

この4月ふるさと山梨へ活動拠点を移した関係で、これからはフリーの司会者として、主に山梨県を中心に動いていきます。

司会の仕事もウェイターの仕事もまだまだ続けていきます。やはり根っから好きなのでしょうか。
好きな仕事ができる幸せを感じながら、心の中の定規でしっかり線を引き、今日からまたあらたに頑張ってまいりたいと思います。


photo by Tomo.Yun
http://www.yunphoto.net

今日の順位は・・・?ブログランキングアップは少々あきらめ気味です。力付けのワンクリックお願い致します。ありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by qqbh8530 | 2006-06-14 00:00 | 司会

クレーム再再考

d0054785_1294096.jpg伝統と格式にあふれる東京のホテルOは、クレーム事例をファイルにして保存し、そのクレームを2度と起こさぬよう徹底して事にあたるそうです。

その積み重ねが、伝統と格式を支えているのだと思います。

20年司会をやり続けてきました。
どちらかというとサービスを<提供する側>です
私自身、<表立ったクレーム>は少なかったように感じています。
しかしクレーム一歩手前、紙一重で浮上しなかった<クレームまがい>のことは幾十何百とやっていることでしょう。

立場を変えて、様々なサービスを<受ける側>にまわると、今まで見えなかったことが見えてくることもあります。

実際にホテルへ宿泊したり、パーティーに参加したり、あるいは食事会を主催したりする時、自分の期待することや意図することと違うサービスを受けると、いささか疑問符を持ち、不快感を覚えることもあります。

私を含め、多くの人が文句を言おうか言うまいか一瞬迷い、『んまぁ、いいか・・・』 と黙って水に流します。

黙ちゃぁいられない時というのは、たいてい<小さな疑問符と不快感が積み重なり、その人の許容量をわずかでも超えた時>でしょうね。

そう考えると、
<許容量の限界に達する前に、お客様のご不満に気付いていくこと>がとても大切になります。

車を運転する時、事故の多い人ほど、<大丈夫だろう・・運転>をするそうです。
事故の少ない人ほど、もしかしたら子供が飛び出してくるかもしれないと想定して<もしかしたら・・・運転>をするそうです。

サービスもそうかもしれません。
このサービス内容の提供で、<たぶん大丈夫だろう・・・サービス>から、
もしかしたらもっと違うサービスをお客様は望んでいるのかもしれないと、<もしかしたら・・・サービス>をしていくわけです。

お客様の表情の変化にいつも敏感でいたいものです。そして何よりも<直感>が頼りです。
もちろんサービス自体は自信を持って、威厳を持ってすることは言うまでもありません。

まとめます。
司会の仕事もウエイターの仕事も接客業です。
クレームがないからといって安心はできません。
クレームもどき、表に出ない隠れクレームが潜んでいるからです。

結局司会をする時、ウェイターサービスする時も、
お客様の(価値観、嗜好、気分のあり方)を知り、その人の気持ちにいかに寄り添えるかが大切になってきます。

自分の価値観、嗜好、気分をいったん横に置いて相手に寄り添う・・この姿勢の延長線上にこそ、<お客様の不満分子>を発見する<直感>が宿るのです。

簡単そうで難しいテーマですが、あらゆるサービス業(司会、ウェイター、コーチング、カウンセリング・・etc)に共通する<コツ>に思えるのです。

関連記事です。よかったらごらん下さい。スリルあるクレーム紙一重の体験談です。
http://qqbh8529.exblog.jp/3077289



photo by Tomo.Yun
http://www.yunphoto.net

今日の順位は・・・?ブログランキングアップは少々あきらめ気味です。力付けのワンクリックお願い致します。ありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by qqbh8530 | 2006-06-04 11:43 | 司会
d0054785_0123242.jpg以前、司会の大先輩にこんなことを教えて頂きました。

『仲澤君、たとえばお客様が<祝い舟>を唄ったとするよね。

唄い終わった時、司会はコメントを入れる。

その時、ちょっとだけ、コメントの<出だしの音程>に注意を払ってごらん。

うん、つまり・・・<祝い舟>の唄の最後のフレーズ<いわい~ぶ~ね~>の<ね~>の音が、ドレミのレの音だったら、司会のコメントもレの音からいくんだよ・・・』

なるほどと思い、それ以来いつも心がけています。
違和感がなく、唄のエンディングと司会のコメントが滑らかにうまくつながっていくのです。
聞いていても心地いいのです。

テレビの音楽番組などでも、唄のエンディングと司会者のコメントが心地よくつながっていることを時折り確認することができます。


応用編です。

高い声の人には、自分も少し高い声(不自然でないできる範囲)で話してみる。

低い声の人には、自分も少し低い声で話してみる。

早口の人には、最初は意識的に早口で話てみる、対応してみる。

ゆっくり話す人には、自分も意識的にゆっくり話してみる。

相手が腕を組んだらこちらもさりげなく腕を組んでみる。

相手が足を組んだら、こちらも足を組んでみる・・・。

相手を尊重する、相手に寄り添う・・そんな気持ちの表れが、お互いのコミュニケーションをよりよいものにするに違いありません。

皇室の方々ともしも話す機会があったなら、心して、ゆったり、ゆっくり話し頷かねばなりません・・・はい。


photo by Tomo.Yun
http://www.yunphoto.net

今日の順位は・・・?ワンクリックお願い致します。ありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by qqbh8530 | 2006-06-02 00:01 | 司会

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530