司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

慈しみ育てたわが娘を、お嫁に出すときの親の心情を唄ったものに、「長持ち唄」があります。

今でこそ少なくなりましたが、昔(十数年前)は、結婚披露宴の新郎新婦入場の際に、よく唄われたものでした。

その「長持ち唄」を、例えば親戚のおじ様が唄って新郎新婦入場の場合、司会者の「確認しておきたい項目」を、いくつか思いつくままに挙げてみたいと思います。

1.「秋田長持ち唄」か、「宮城長持ち唄」か、それとも・・の確認

2.アカペラで唄うか、テープ・CDをバックに流して唄うか・・

3.スタンドマイクで唄うか、ハンドマイクで唄うか、ワイヤレスマイクで新郎新婦を先導しながら唄うか・・

4.唄っている時の部屋の照明の強弱や、スポットに希望はあるか・・

5.唄い終える前に、新郎新婦がメインテーブルに到着してしまったらどうするか・・(長持ち唄は曲の長さが2分以上あります。曲の長さに合わせて歩こうとすると、不自然さが残ります。私は、新郎新婦には普通に歩いて頂き、メインテーブルに到着したら、そのまま唄の終わるまで立って唄を味わって頂き、唄の終わりと同時に一礼して着席のスタイルを薦めています。)

6.「口上」は司会者が言うか唄う方が述べるのか・・の確認(口上とは、・・・いつくしみ育てた我が娘をお嫁に出すときの親の心情を・・といったその唄に関しての紹介のようなもの) いろんな方がいて、口上は司会に言って欲しいという方もいれば、私が言うからいいよ、という方もいる、人生いろいろ、意向もいろいろですね。

7.列席者の拍手はどうするか・・(理想は、列席者の皆様には、じっくり長持ち唄の歌詞に耳を傾けて頂き、歌詞の内容をじっくり味わって頂きながら、入場する新郎新婦の姿を、静かに見守って頂くスタイルです。私の場合、列席者の方々にこうお願いします。<新郎新婦への祝福の拍手は、新郎新婦入場の際ではなく、お二人がメインテーブルにて一礼の際にお願い致します。それまでは、どうぞ、長持ち唄に乗って入場するお二人の姿を、静かに見守って頂ければと思います。) 拍手が起こってしまうと、せっかくの長持ち唄の歌詞も、落ち着いて味わえなくなってしまうような気がしてしまうからです。

8.唄う方のキャリアや流派の確認

9.唄う方の氏名、新郎新婦との間柄、勤務先、紹介してほしいこと・・などの確認

ポイントは、唄う方のご意向をまず聞きます。その後、確認したいことを相手の表情をよく見ながら聞いていきます。

取材がしっかりしていると、披露宴の仕上がりも良いようです。
何を確認するのか・・をしっかり明確にしておくことは、司会者の最低限の基本かもしれません。しかし流れに任せて、思いつきの確認で「GO」という方も多いようです。
あえて司会のウラワザに仲間入りさせて頂きます。

人気blogランキングへ
ランクも徐々にアップしてきました。皆様のおかげです。
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-31 01:54 | 司会

ショッキングな記事

私は、披露宴司会は20年目、ウエイターの仕事も今、尚現役で25年目になります。
1年ほど前偶然テレビで「コーチング」(よりよい人間関係を構築し、自己実現への道をサポートするコミュニケーション)と出会い、プロを目指して学んで参りました。
ここにきて、コーチング一本では限界があることを痛感し、並行して「心理カウンセラー」の勉強もはじめました。

昨日の講義の中で、こんな記事に出会ってしまいました。
日本メンタルヘルス協会アドバンスコーステキスト69ページ下段 「カルフーンの実験」をそのまま抜粋させて頂きます。

『イギリスの学者カルフーンは、ネズミをギリギリのストレスとなる過密状態に保ったまま、3世代にわたって飼育しました。するとネズミに以下のような特徴が現れてきたのです。

●性行動の異常
 ・メスオスの区別ができない同性愛
 ・未成熟のメスを犯したがるオスの出現
 ・インポになるものや変態の出現
 これらは生殖に結びつかない「セックス」が増えたことを意味します。
●メス、特に母親ネズミの異常行動
 ・自分の子供を保育することも、保護することもできないメスが増えた。
 ・そのために忘れ去られた子ネズミは、他のネズミに踏み殺された。
 ・妊娠する割合が減り、流産率が高くなった。
●ネズミ同士の闘争が増え、弱いものは社会を離脱した。
 ・異常行動を起こすのは、弱いもの(メス、若いオス、子供達)



ネズミの実験です、あくまで、ネズミの実験です・・・・・・ が ・・・

今後、「ストレス」に関してさらに調べていきたいと思います。
ストレスが起こりにくい人間関係を創出する、ウイリアム・グラッサー博士の「選択理論」について調べていきたいと思います。
ストレスなく生きる為の、「ゲシュタルト療法」「森田療法」も調べていきたいと思います。

司会のウラワザからは、だいぶ離れてしまいますが、プロ司会者にも知っておいて得する心理学を目指して、このブログを充実させていこうと思っております。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

人気blogランキングへ
ランキングが少しでもアップすると張り合いが出ます。ワンクリックだけで結構です。お願い致します。
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-29 23:37 | よりよい人生の為に

自分を食べる・・?

ちょっとショッキングな記事を読みました。
「sakura84さん」という方のブログの中に、紹介されていたものです。(2005.9.26掲載分)
「暖かい医療人」を目指す研修講師の方の発言のようです。

『人間は、外からの栄養がなくなると、自分を食べるんです。
生きようとして、成長しようとして、命を懸けて、自分さえ食べようとするんです。
それが・・不思議なことに・・そんな時、一番大事なものから食べつくす・・脂肪ではなくて、大事なたんぱく質や糖質から・・
だから、「生きる気力」からなくなっていくんですよね・・』

人を良くすると書いて「食」、バランスの取れた食事を取ってしっかりと栄養を供給しなければなりません。いかに食事が大事かを痛感します。
同時に「心の栄養」も、外からしっかり供給しなければならないと思うのです。

外からの「心の栄養」・・・たとえば以下のような言葉かけを思い浮かべます。
お疲れ様、よくやってくれたね/君のおかげだよ、有難う/お世話になりました、感謝します/成長したね/君の貢献は実に素晴らしいね/君に会うのがたのしみでね・・等々 他者からのねぎらいの言葉や、感謝の気持ちを伝えられたり、自分の存在をしっかり認められたり、承認されたり・・といったことが浮かんできます。「承認」の言葉を受け取れば受け取るほど、「心の栄養」が十分に満たされていくわけです。

反対に、ばかにされたり、けなされたり、プライドを傷つけられたり、無視されたりすると、人は、自分のアイデンティティーを失い、今度は心の栄養失調状態になるのですね。村八分がいい例です。
心が「栄養失調状態」になるとストレスがたまります。発散されないストレスエネルギーは、「本能」のさらにおくにある、身体をコントロールする「脳幹」を傷つけていきます。すると自律神経に障害がおきはじめ、やがて心身症/神経症へと進行していくそうです。
外からの栄養がなくなると、自分の心を食べ始めるのでしょうか・・?

自分を食べてしまうその前に、「外からの栄養」を取らねばなりません・・・より良い食事と、そしてより良いストローク(言葉かけ)、この両方こそが、人間が求めている真の「栄養素」に思えるのです。

人気blogランキングへ
ワンクリック、応援よろしくお願い致します。
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-26 01:10 | よりよい人生の為に

考えすぎて

一週間ほど前の朝のラッシュアワーでのこと。
運よく座れた私。次の駅で人の降り乗りの中、1本の松葉杖の方が乗り込んでくるのが、わずかだが目に入る。
<あっ、席譲らなきゃ・・、ちょっと離れてるけど声かけなきゃ・・、でも・・今日は座っていたいなぁ・・昨日あまり寝てないし・・今日の仕事は結構きついのわかってるし・・このまま気づかぬ振りして座っていたいなぁ・・でも・・譲るべきだろうなぁ・・あぁどうしよう・・>
結局は私は座ったまま席は譲らずじまいでした。

3日ほど前のお昼ごろ、今度は混みもせず、すきもせず、でも座席は空きのないそんな時差通勤でのこと。
両脇に松葉杖の若い女性、元気よく友人らと共に電車に乗り込んでくる。座っている私の隣の隣のまん前、つまり私の斜め右側に、友人にのサポートしてもらいながら立っている。
座りたいそぶりは見えない、友人たちも彼女に席を・・と望んでいる様子も見受けられない。

<席を譲るなら、松葉杖の女性の前に座っている人が譲るのが一番良いだろう・・私が無理に譲るとまん前の方は、きっとバツが悪いに違いない・・いや待てよ、彼女の状況から見て、席に座る「動作」は逆に難儀かもしれない・・座ってまた立つ難儀より、このまま立っていたほうが彼女にとっては楽なのかもしれない・・こういうときに限って、次の駅あたりで降りるケースはよくある話だ・・このままにしておこう・・仮に私が申し出たとしても彼女は断るに違いない・・>

その時彼女の真後ろの女性が彼女の背中をぽんぽんとたたき、「こちらへどうぞ!」と声をかける。彼女は明るく元気な声で、『わぁ すみません、有難うございます』とお礼を述べ、友人の助けを借りながら、よっこらしょっと席に着く。

どうも考えすぎると、行動が鈍くなるようだ。かといって、私がいつもそういうわけでもない。譲る時ももちろんある。そんな時は、いつも「あっ・・」と思った瞬間に席を立ちその方に「どうぞ!」と言っている。

体調がいい時は、パッと見たら、パッと行動しよう(席を譲ろう)
体調が良くない時も、私よりも辛いに違いないと思って、席を譲るよう心がけよう!
それでもその気になれぬ時は、心の中で「ごめんなさい」をしよう。
少し甘すぎるだろうか・・?

人気blogランキングへ
迷わずパッとクリック・・かくありたいと思います、今日もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-18 21:44 | よりよい人生の為に
不可解な出来事も、相手のほんの一つの、肯定的な意図を知ることができたら、その出来事の捉え方は、大きく変わっていくんですね!

先日私はこのブログで「肯定的な意図に気づく」を発信致しました。
後輩のS君からブログにコメントを頂きました。

彼の会社(山梨)の応接間のソファーのセッティンクは、お客様にお茶を出しづらい位置にある
そうです。上司に尋ねると、『お待ち頂いているお客様に、真正面の富士山が見えるように・・』ということでした。
イレギュラーなソファーの配置も、お客様の気持ちを思いやる、やさしさの表現だったんですね。

この話を聞いて、相手のことを思いやるという点で思い出しました。

皇室の雅子様が結婚式当日、お支度の為にホテルオークラの与儀美容室を訪れると、そこには雅子様の大好きな花が飾ってあったそうです。
『雅子様の緊張を少しでも和らげてさし上げたい・・・』そんな皇后美智子様からのやさしさあふれるお心配りのお花だったそうです。

世の中には不可解な事もあれば、さりげない出来事もあります。そのどれもこれも、表面的には見て取れないその奥に、その出来事を表現したそれぞれの人間の、肯定的な意図が必ずあるんですね。

肯定的な意図に気づく・・人生なかなか味わい深いものです。

人気blogランキングへ
最近頑張ってます、クリック頂けますとますます頑張れます!ハイ
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-12 01:06 | よりよい人生の為に
どんな言動にも、肯定的な意図がある・・・以前お世話になった先輩 Yコーチが、大切にされている言葉です。この言葉を痛感する体験をお話させて頂きます。

あるホテルの披露宴開宴前、司会の私は、あれ?これはおかしいぞ・・?と思うことがありました。
新婦側のご両親の席が通常の位置と随分違うのです。何か理由があるのだろうか・・と思いをめぐらせてみましたが、思い当たるところがありません。

たまたま近くにいたこの部屋のアシスタントの方に「ご両親の席はここでいいんですよね?・・新郎新婦に完全に背を向けて、通常両親が座る末席の位置とは随分違うんですね?」・・・。

意外な言葉が返ってきました。
アシスタント曰く
『そうなんですよ、実は新婦のご両親様のお気遣いなんだそうです。お年を重ねた祖母(おばあちゃん)に、新婦の姿が一番見えやすい席の位置を、あえて指定されてきたんだそうですよ・・」「そうなんですか・・・」

どんな言動にも肯定的な意図がある・・・その時私はこの言葉を強くかみしめました。
一見、間違いと思える言動(ここでは新婦両親が座るべき位置が違うということ)の中にも、必ず一つ以上の「肯定的な意図」があるということでしょうか。


また私のアシスタントへの問いかけも一歩間違えばお互いに不愉快な関係になるところでした。もし私がアシスタントの方に「ご両親の席、間違ってますよ」と伝えたとしたら、アシスタントの方はどんな気分になったでしょうか・・?
私は、両親の席の位置を間違っていると、決め付けないで、否定しないで、肯定的な疑問形で聞いて良かったとつくづく思いました。

こんなこともあるんですね。司会者は自分の感性・判断に頼りすぎず、常に謙虚に他者を信頼する立場を、しっかりとる必要があるんですね!。

どんな言動にも肯定的な意図がある・・・司会のウラワザに仲間入りさせて頂きます。

人気blogランキングへ
秋雨に情緒を感じて、さあワンクリック、有難うございます。
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-10 20:39 | 司会
3日ほど前の出来事をひとつ。

私が仕事をしているホテル一室、ある企業の一日研修。室温は通常より少し低め。室内は禁煙。
午後3時、約15分間の休憩に入る。ほとんどの人達が席を立ち部屋の外へ出る。化粧室へ行く人、携帯電話をかける人、話をする人、そしてタバコを吸う人。

ウエイターの私達は、この休憩時間にお客様の席にコーヒーをサービスする。ただ、ほとんどの方が席を立っているので、私達は、数人分のコーヒーの入ったコーヒーピッチャーを持って、室内で待機する。お客様が席に戻ってきたところで、初めてコーヒーをカップに注ぐ。

中には休憩時間ぎりぎりまで外にいる方もいる。その方が戻ってきて席に着く。私はその方のカップにコーヒーを注ぐ。白い湯気が立つのが見える。

『あっ、有難う、私の戻ってくるまで待っていてくれたの、さすがホテルだなぁ、ちょっと寒いからあったかい飲み物は助かるよ、コーヒーが冷めないようにという気持ちがうれしいねぇ・・有難う。』
私は「こちらこそ、有難うございます」と答えた。

    ***      ***      ***      ***      *** 

ホテルとしては当たり前のサービス方法であります。ウエイターとして当たり前のことを遣っただけであります。それでもお客様は喜んで下さった、ホテル側のちょっとした気配り・・・おもてなしの心をきちんと感じて下さったのです。

「こちらこそ」の言葉の前に省略した私の心の中の会話 <当たり前のサービスにもかかわらず、助かるよと言って下さった、おもてなしの心に気づいて下さった、そして有難うと言って下さった・・ウエイターとして嬉しいです・・・>・・・「こちらこそ有難うございます」 でした。

お客様のちょっとした一言がウエイターを元気付けます。もし立場が逆転して、私がお客様だったら、こんな小さなことに気がつくだろうか、気がついたとしてもあのお客さんのように素直にストレートに口に出せるだろうか、そして笑顔で「有難う」と言えるだろうか・・・?

さて、結婚披露宴には、「気配り」や「思いやり」や「やさしさ」満ち溢れています。その発信者は新郎新婦であったり、ご両親であったり、列席者であったり、ホテルマンであったりします。
それらの見えない、誰かの気配り・思いやり・やさしさに、いかに気づいていくかが、司会の力を伸ばす一つのポイントだと思っています。それをマイクを通してどう表現するか、あるいはその方にさりげなくお話しするかは状況次第ですが、そんな気配り・思いやり・やさしさが見え隠れする披露宴は、やはりあたたかくていいものです。

なかなか見えにくいお客様の気配り・思いやり・やさしさにしっかり気づいていく・・司会のウラワザにしたいと思います。

人気blogランキングへ
すっかり秋めいてまいりました。季節を感じていつの間にかワンクリック・・有難うさまです。
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-10 17:03 | ウエイター
司会の仕事を始めて20年ほどになります。

司会者として、日ごろから大切にしているキーワードのひとつに、 「縁」 という言葉があります。

新郎新婦との司会打ち合わせは、私の大切にしているキーワードの 「縁」 つまりお二人の「縁」に焦点を当てていきます。
新郎新婦お二人の「縁」に焦点を当てると、その焦点を当てた部分が、次第に広がりと奥行きを持ってきます。その広がりと奥行きを持った部分が、当日の披露宴でうまく表現された時、品のある上質な披露宴になっていくと思うのです。
一時が万事そのようにいくわけはないことは重々承知ですが、あえてその大切さ(キーワードを持つこと)を、強調したいと思います。

司会者が心から大切にしているひとつの「キーワード」が、司会者の本質的な個性だと信じています。
「キーワードを持つこと」・・・司会のウラワザのひとつに加えさせて頂きます。

人気blogランキングへ
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-05 00:16 | 司会
日曜日の夕方5時半から、テレビの4チャンネルで 「笑点」 という番組があります。

その「笑点」の円楽師匠の司会振りを見ることができました。
味のある司会振りに、魅せられました。

円楽師匠自身が、たくさんの笑いを取るわけではありません。
笑いを取るのは、共演している同じ落語家の歌丸さんや山田君たちです。

円楽師匠の司会は、けっして華やかではありません。華やかなのは共演者の落語家の方々です。

円楽師匠の司会は、シンプルです。時折ほんの時折、「突っ込み」や「落ち」 を、まさに「一言」で入れる位です。後は共演者の「笑い」を引き出したり、笑いが出やすい「土壌」を作ったりすることで、「笑点」をしっかりリードしているように私は感じています。

さて、この円楽師匠の司会振りは、結婚披露宴司会のひとつの「理想形」のように思います。
主役は「新郎新婦」と「宴を盛り立てる登場者の方々」と「列席者の方々」。
司会者は主役を立てる「つま」のごとく、脇役に徹します。時折お客様の気持ちを代弁したり、軽いジョークで会場を沸かせ、和ませたりもします。

司会のタイプの「好み」は、人それぞれでしょう。
私は自分の納得のいく、自分が好きなタイプの「司会」をやりたいと思っています。
目指すところはやはり、円楽師匠のように「シンプルな司会」、「脇役に徹する司会」そして「味のある存在感のある司会」・・・。
そんな司会者になりたいと思っています。

人気ブログランキングへ</A>
ワンクリックで応援よろしくお願い致します!
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-04 01:13 | 司会

刺身の「つま」

私はホテルでウエイターもやっています。もう通算25年程になるでしょうか。

3日ほど前、友人と久しぶりに一献を交え、お刺身を頂きました。
お刺身の脇には「つま」が添えられています。
白い大根と、ほんの少しの赤いにんじんの、超極細切りの「つま」でした。この「つま」を見て思うことがあリます。

会席料理にはまずお刺身がつきます。お客様によって、お刺身はもちろんのこと、「つま」もみな召し上がる方もいれば、「つま」は全部残される方もいらっしゃいます。
その「器」を下げる時、ほんの一言「こちら(お刺身の器)はお済でございますか?」と添えることが大切だと思っています。ほんの少しの「つま」を最後の最後に召し上がる方が、以前にいらっしゃったからです。

人は誰も心の中で、もう一人の自分と会話をしています。
例えば、心の中で
『白い大根の細切りの中ににんじんが入るだけで、ずいぶん色合いが良くなるもんだなあ・・』
『この「つま」はもう少し取っておいて、ご飯が出てきたら、醤油をつけてご飯の上に乗せて食べようかな・・。なかなかおいしそうだなあ・・』
そう思って取っておいた刺身の「つま」を、うっかり隣の人と夢中になって話している間に、ウエイターに下げられてしまったら・・・。あなたはいったいどんな感情が沸き起こってくるでしょうか・・?


司会者としてデビューして間もないころ、仕事帰りに立ち寄ったデパートのレストランで、最後の一口分のビールを残してとっておいたのに、私がちょっとよそ見をしている間に、ウエイトレスにそのビールの小瓶をあっという間に下げられてしまいました。店長を呼び、ことの成り行きを話したところ、会計の時に涙をためたウエイトレスが店長に背中を押されながら私の前に謝罪に来ました。
少女の顔は今でもはっきり覚えています。私は心の中で、(何も店長まで呼んでクレームをつけるほどのことでもなっかったのになあ・・?あの少女は今日であの店をやめてしまうのだろうか?たった一口のビールのために・・。私のクレームのために・・。)

彼女のためにも、この苦い経験を私なりに生かしていきたいと思いました。
たとえ、器に何も残っていなくて空っぽになっていても、私は一言、『こちらはお済ですか?』『こちらのあいた器はお下げ致しましょうか?』と一言添えたいと思っています。20人に1人は、からの器をいくつか残しておいて、それを眺め、満足したおいしさを、もう一度頭の中で追体験される方もいらっしゃるからです。

刺身の「つま」・・・刺身を引き立てる「つま」・・・。
でもたくさんのうちのだれか一人くらいは、刺身は苦手、大根にんじん大好きという人もいるでしょう。その人にとっては、きっと、大根たちの「つま」が 「さしみ」 になるのでしょうね。
人気blogランキングへ
ワンクリックで心も元気!
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-03 00:18 | ウエイター

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530