司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

ブーケトス コメントの留意点

結婚披露宴の司会で気をつけていることは沢山有りますが、その一つに<ブーケトスのMC>があげられます。

「それではこれからブーケトスを行います。独身女性の皆様、どうぞ前のほうにお越し下さい。お名前を申し上げます。〇〇春子さん、〇〇夏子さん、〇〇秋子さん・・
私はこういうMCはやりたくありません。自分が独身である事をなんとなく恥ずかしく思っている女性が、中にはいらっしゃるかもしれないからです。
若いうちならともかく、程ほどに歳を取ってしまった時、半ば強引に皆の前に出されるのは、男性の私でも心が痛みます。もちろん当事者の<結婚感>によりますが・・。

MCコメントに工夫が必要です。例えば・・こんな感じのMCは如何でしょうか?
「新婦からブーケを受け取った人は、近いうちに、大きなおおきな幸せが訪れるそうです。その幸せの形は、何も結婚だけではありません。素敵な出会いや思い出、お子さんが出来たり、就職が決まったり、未来に羽ばたく大きなチャンスなのかもしれません。
幸せになりたい人、この指止ーまれ・・ではありませんけれど、独身・既婚は問いません。今幸せの方も、特別に参加OKです(笑い)。このブーケトス、大勢のみなさまのご参加をお願い致します」


そうは言っても、どうしても独身の人にだけ参加してほしい・・と希望するのカップルもいます。その場合は打ち合わせの時点で、それとなく、冗談ぽく、「独身をマル秘にしたいと思っている方も最近多いようですが・・」とさりげなく、ふってみたりもします。

まぁ、いずれにしても、結婚披露宴は、様々な人間模様の上に成り立っています。
(えー、本当はそうだったんだー・・)なんていう、言うに言われぬその時々の、そのカップルそれぞれの意外な事情が、見え隠れする時もあるのです。
親は結婚大反対のまま披露宴を迎えているカップル、親戚との折り合いがうまくいっていないカップル、喜ぶに喜べない出来ちゃった婚に眉をしかめる両親・・等々、言ってくれなければうかがい知る事のできないようなケースが実は五万とあるのです。
そんな事も少しだけ頭の片隅に入れながら、当日笑顔で臨むのが司会という仕事なのでしょうか。奥が深いですね。

<ブーケトス>に関しての記事を見つけました。いい悪いではなく、司会者として、きっと参考になると思います。
アエラ配信 『ブーケトスは人権侵害だ』
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090525-00000002-aera-soci
[PR]
by qqbh8530 | 2009-05-25 20:08 | 司会

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530