司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

考えすぎて

一週間ほど前の朝のラッシュアワーでのこと。
運よく座れた私。次の駅で人の降り乗りの中、1本の松葉杖の方が乗り込んでくるのが、わずかだが目に入る。
<あっ、席譲らなきゃ・・、ちょっと離れてるけど声かけなきゃ・・、でも・・今日は座っていたいなぁ・・昨日あまり寝てないし・・今日の仕事は結構きついのわかってるし・・このまま気づかぬ振りして座っていたいなぁ・・でも・・譲るべきだろうなぁ・・あぁどうしよう・・>
結局は私は座ったまま席は譲らずじまいでした。

3日ほど前のお昼ごろ、今度は混みもせず、すきもせず、でも座席は空きのないそんな時差通勤でのこと。
両脇に松葉杖の若い女性、元気よく友人らと共に電車に乗り込んでくる。座っている私の隣の隣のまん前、つまり私の斜め右側に、友人にのサポートしてもらいながら立っている。
座りたいそぶりは見えない、友人たちも彼女に席を・・と望んでいる様子も見受けられない。

<席を譲るなら、松葉杖の女性の前に座っている人が譲るのが一番良いだろう・・私が無理に譲るとまん前の方は、きっとバツが悪いに違いない・・いや待てよ、彼女の状況から見て、席に座る「動作」は逆に難儀かもしれない・・座ってまた立つ難儀より、このまま立っていたほうが彼女にとっては楽なのかもしれない・・こういうときに限って、次の駅あたりで降りるケースはよくある話だ・・このままにしておこう・・仮に私が申し出たとしても彼女は断るに違いない・・>

その時彼女の真後ろの女性が彼女の背中をぽんぽんとたたき、「こちらへどうぞ!」と声をかける。彼女は明るく元気な声で、『わぁ すみません、有難うございます』とお礼を述べ、友人の助けを借りながら、よっこらしょっと席に着く。

どうも考えすぎると、行動が鈍くなるようだ。かといって、私がいつもそういうわけでもない。譲る時ももちろんある。そんな時は、いつも「あっ・・」と思った瞬間に席を立ちその方に「どうぞ!」と言っている。

体調がいい時は、パッと見たら、パッと行動しよう(席を譲ろう)
体調が良くない時も、私よりも辛いに違いないと思って、席を譲るよう心がけよう!
それでもその気になれぬ時は、心の中で「ごめんなさい」をしよう。
少し甘すぎるだろうか・・?

人気blogランキングへ
迷わずパッとクリック・・かくありたいと思います、今日もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by qqbh8530 | 2005-10-18 21:44 | よりよい人生の為に

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530