司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

すべてはうまくいっている!

落ち込む時、元気が出ない時は誰にだってあります。
私もここのところ、しばらくそういう状態が続いています。
体重も大分減ってしまいました。

精神科医の越知啓子さんのお薦めの方法を試しています。
あまり科学的とは思えませんが、彼女の本を数冊読むうちに、なんとなく肌が合うようになり、今ではすっかり信じてやっています。

1部分を抜粋してみます。
抜粋ここから・・・
最強の言霊~すべてはうまくいっている~ 越知啓子(精神科医)

人生で感じる問題は人それぞれですが、是非皆さんに試して頂きたいワークがあります。

それは、最強の言霊「すべてはうまくいっている!」を言いながら「カニ踊り」です。
やり方は簡単。
両手でピースサインをつくって、「すべてはうまくいっている!」と言いながら、右に2回、左に2回と横歩きするのです。

クリニックに初診でいらした方や、講演会、セミナーでも必ず最後はこの「カニ踊り」で締めくくります。
これは、沖縄に移り住んだ時、カニが朝日を燦燦と浴びながら歩いている姿を見て思いつきました。

「うまくいっている」と言い続けると、潜在意識は既にそういう状態にあると認識して、どんどん「うまくいっている」状況をつくり出していくのです。ぜひお試しあれ!            ・・・抜粋ここまで


居酒屋てっぺんの大嶋啓介氏の提唱する「本気でじゃんけん」は、勝っても負けてもガッツポーズします。
勝ったら、「ヤッター、勝ったー!」とジャンプしてガッツポーズ。
負けても「ヤッター、負けたー!」とジャンプしてガッツポーズします。

その意味は以下の文から理解できそうです。

ビジネス界、スポーツ界共に一流の成功者の能力開発に携わってきたサンリ会長西田文郎氏曰く、
『ミスをした時、あるいはピンチに陥った時、どういう行動を取るかものすごく重要です。
以前東レのバレーボール部の指導に行った際、例えばスパイクを決められ1点取られても、「あぁ決められた」と天を仰いだり、「ドンマイ」と肩を叩いたりといった動作を一切禁止しました。

要は相手に決められても「よし!」とか、「ハイタッチ」とか、「ガッツポーズ」をしろ!と指導しました。
そうすると自分達は「これはマイナスじゃない、まだまだいける!」と脳が錯覚し、動作によってツキの流れを呼び込むのです。

一流選手はこのことを本能的レベルで理解しています。イチローとか松井は、三振しても「あーあ」みたいな弱気な動作は絶対とりません。』


落ち込んでも、元気が出なくても、それでも「すべてはうまくいっている!」と、ピースサインの両手を挙げて、踊ります。
寝る前に踊って潜在意識に働きかけます。今日でこのワークも3日目。

偶然か必然か、いくつか変化を実感しています。
[PR]
by qqbh8530 | 2011-04-26 23:20 | よりよい人生の為に

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530