司会のウラワザ

qqbh8529.exblog.jp

よりよい人生をめざして                       

被災地を思う

番外編 被災地を思う
震災から17日。三寒四温は夢のまた夢、春はまだまだ遠く恨めしい。
避難場所の体育館、底冷えの辛さに耐える人々。
「あぁ、何て神様は非情なんだ。せめて被災地だけでも、春を呼んで下さい・・」。


*500人のボランティアの募集に、3000人の応募があった。
*避難所では、小学生がグループを作り、自主的に「肩たたき」のボランティアを始めた。
*東京では、タクシー待ちの長蛇の列に、「しているだけで、少しは暖かいから」とマスクを配る女性達がいた。
ささやかな、ゆえに尊い人々の心根。


こんな記事があった。
『夜が明ければさらなる被害が確かめられよう。生命、財産、故郷の町並み。失われたものの大きさに打ちのめされる人たちとの絆を失うまい。こんなときにつなぐための手が、私達の心にはある』(2011/3/12朝日新聞天声人語抜粋)

僕は、
私は、
俺は、
一体何ができるのだろう?

「急がない」「控えめに」という震災支援もあります・・という広告を見る。
ふと、思う・・。
(一人ひとりのほんの小さな心がけが、やがて千となり、万となり、億となる・・。
あの恐ろしい大地震のエネルギーをはるかに超える「絆」というエネルギーが、必ずや被災地を救うに違いない・・)

早く早く少しでも早く暖かくなぁれっ・・、神様、お願い!

祈ることは私にもできる。
[PR]
by qqbh8530 | 2011-03-27 17:27 | よりよい人生の為に

よりよい人生をめざして                       


by qqbh8530